これが真実だ!!

毎週この競馬コーヒータイムをご覧頂いている皆様はご存知と思いますが、2017年度の新馬戦がスタートしてまだ1ヶ月が過ぎたばかりですが、今年は昨年を上回るハイスピードで新馬戦のJR馬がデビュー戦でデビュー勝ちを28頭しました。

これは再三お伝えの通り、新馬戦のスタートがたった2週繰り上がった事でクラシックへの出走確保をノンビリ構えて居られなくなったのが現状で、一昔前なら厩舎の看板馬は夏を越えてからの秋競馬に備えて調整して来ましたが、二勝馬ではクラシックへの出走は難しくなったのが現状で3勝以上、又は重賞勝ちが絶対条件と成って参りました。

と成るとローテーションを考えると新馬勝ちが絶対条件と成り、新馬勝ちをする上ではデビュー戦でJR馬としてランクインする事は過去のクラシック馬が立証した訳で、今年も三歳馬クラシックを制した馬は100%デビュー戦でJR馬としてランクインした馬ばかりです。

これは今年の三歳馬に限った事ではなく、当社シュミレーションソフト「優駿への道」を世に発表して以来40年以上も続いている訳で、今年の二歳馬も勿論同じ道を辿る事でしょう。

しかも恐ろしい事に今年の古馬のG1を制した馬も全てデビュー戦でJR馬としてランクインした馬が100%制している訳で、これを偶然の産物と評価する事に矛盾が生まれて来ます。

本日も函館で1鞍・福島で2鞍・中京で1鞍の計4鞍の新馬戦が組まれていますが、準追ってJR馬を公開して参りますのでご期待下さい。

まずは函館の第5Rに芝1200m混合新馬戦が組まれています。

頭数こそ7頭と成りましたが、出走馬全てがタイムオーバーに成らない限りグルリ1周するだけで1ヶ月の預託料を算出出来る訳で、馬主救済新馬戦と成りました。

とは言っても1着から3着までが馬券対象馬で、3着以内確保出来る馬は4頭に縛られるレースで、4頭でも多いと思うのは私だけでしょうか!?

このレースのJR馬とランクインした馬は1番スズカワークシップと6番ダンツコンフォートの2頭で洋芝の1200m戦と言う条件を考え合わせると、仕上がりの面では今一でも函館入厩が早く、環境にも慣れ、実践タイプと言える6番ダンツコンフォートの方に軍配を挙げました。

福島第5Rに芝1200m混合新馬戦が組まれています。

11頭中約半数の5頭が馬券対象外の馬で実質6頭立てのレースと成りましたが、ここもJR馬は8番マドモアゼルと10番マイネルカルムの2頭と成りました。

再三お伝えの通り、この時期の二歳馬が古馬の調教メニューをこなすと言う事は、小学校の2年生が理科の教科書を通り越し、科学の教科書を理解する様なものである。

しかも「お兄ちゃんその答え間違っているよ」と指摘するレベルに達していると言えるのがブラックタイド産駒の8番マドモアゼルで、半兄のサイモンゼーレはデビュー2戦目での勝利だったが、この馬はあっさりデビュー勝ち出来そうなレベルに達している。

福島第6RにはD1150m新馬戦が組まれている。

ここは人気と実力とのバランスが崩れたメンバー構成と成り、波乱度の高い新馬戦と成ったが、JR馬は前売りの段階では穴から数えた方が早い10番人気を分け合っている7番ニシノシコンと現段階で5番人気の9番ポフツカワの2頭がJR馬と成った。

この事でも解る通り、餡子の詰まったデビュー馬の多い一戦で、新馬戦好きの競馬ファンには堪らないレースに成ったと言える。

今年デビューの▲武藤雅騎手は4勝で今年新人騎手ではトップを走るが、ナント2着9回と詰めの甘さもトップを走る。

「早く親父さんの馬で勝ちたいです」と馬主からの応援もあり、脈のある馬に騎乗チャンスを貰って来たが、そろそろ結果を出さないと後が続かなくなるのが勝負の世界でもある。

中京第5Rに芝1600m新馬戦が組まれている。

ここは粒の揃った一戦でJR馬は5番スワヴポルトス・8番ガゼポ・11番クワトレフォイルの3頭と成った。

特に先の東京都議選じゃないが、当確ラインに立っているのがクロフネ産駒の5番スワヴポルトスで1週前の段階で出走体制は整っていたが、確勝を期しての1週遅らせてのデビューと成った。

先週の段階では父クロフネを思わせる追い切り内容だったが、今週は母父ディープインパクトを彷彿させる卯木気を見せた。

現にこの馬の身体はクロフネと言うより、ディープインパクトに近く、走りもどんなに狭い所からでも割って抜け出す馬に成ると思っている。

本日は以上です。

愛読者の皆様はご遠慮なくご質問・ご要望が有りましたらコメント欄にガンガン・ドシドシお寄せ下さい。

 

▼宜しければ下記へもお越しください▼

▼まぐまぐメルマガ「競馬カフェオレタイム」▼

http://www.mag2.com/m/0001679987.html

▼JRホース倶楽部のブログリンク(アメブロ)▼

http://ameblo.jp/jrh-club/

2017年度セレクトセール観戦記

2強ムードから1強ムードに成って来たセレクトセールだが今年ほどその一色ムードを強烈に感じた。

出品される馬造りまでがお色併せの様なムード造りに昔の「当歳市場」の様な殺気だった面影は無くなったし、入札には談合が付き物とは言うが、今年のセレクトセールほど競合無しにスムーズにハンマーが進んだセールも珍しいと言えるだろう。

「取るか、取られるか」の馬喰の戦いがセリ市場での目玉だったし、落札までの駆け引きは一冊の長編サスペンスドラマを書けるほど奥が有ったものだ。

先週は青森八戸で伝統の八戸市場が有ったが、青森産馬だけでは市場が盛り上がらないと言う事で、今年は新ひだかからの出品もあり、レコードを更新した様だが、それでも1頭当たりの平均価格は330万円程度だった。

JR馬のリストを作る上で各地の市場はJR馬の命でも有る訳だが、1億数千万円の馬が青森産馬の数百万円の馬にコロコロ負ける実態をこのブログで散々立証して来た。「馬は値段では走らない!!」が私の格言でもあるが、今週末函館の新馬戦はそんな一戦に成りそうである。

気が付いた人も居ると思うが、今年のセレクトセールの出品馬は骨格と肉付きのバランスに違和感を感じる馬が多い気がしたが、これも作物不良の影響なのだろうか・・・

牧草までもが海外に頼る時代になる事が噂はされてはいたが、外来種のクローバーと日本のクローバーとではメン玉と〇〇玉の違いが有るほどミネラルが違うとされている。

全兄弟でも飼葉によって馬の質が変わるし、飼葉の配合を企業秘密にする位、大事な要素だし、食の大事さは人間だけでなく、生きているもの全ての命に関わる問題でもあるのです。

尚、このブログの内容は(株)ルート66のホームページにあるブログ競馬コーヒータイム発行人の許可を得、ここに記載する運びとなりました。従って競馬コーヒータイムの内容と酷似している事をご理解下さいますよう宜しくお願い致します。

 

▼宜しければ下記へもお越しください▼

 

▼まぐまぐメルマガ「競馬カフェオレタイム」▼

http://www.mag2.com/m/0001679987.html

 

▼JRホース倶楽部のブログリンク(アメブロ)▼

http://ameblo.jp/jrh-club/

やめられない止まらないカッパえびせん!!

正に今年の二歳新馬戦のJR馬の活躍は「止められない止まらないカッパエビセン!!」状態である。

しかもJRA中央競馬会は新馬戦の単勝配当は売り上げの5%を上乗せしての払い戻しと成っており、この数字は馬鹿に成らない。

「配当なんて無いんじゃないの???」と思われた単勝配当の170%還元には口からもチ〇チ〇からもヨダレが出たし、下手なFXや株式投資が馬鹿馬鹿しく思えて来る。

進化し続けるシュミレーションソフト「優駿への道」の行き着く先はまだまだ奥がある事を立証して参りたいと思っております。

尚、本日のJRH倶楽部のアメブロに置いてはマリーンSのワンポイントアドバイスを公開しておりますのでご確認下さい。

▼JRホース倶楽部のブログリンク(アメブロjrh)▼

http://ameblo.jp/jrh-club/

さてさて日曜日も函館で芝の1800m新馬戦1鞍・福島では芝1800m・芝1200mの新馬戦が各1鞍づつ・中京に置いては中途半端な芝1400mの新馬戦1鞍の計4鞍の新馬戦が組まれており、今年はあっと言う間にJR馬が30頭の大台を突破しそうです。

既に函館二歳S(G3)のカウントダウンが始まり、新潟2歳S(G3)が終わると秋競馬の開幕と成る訳ですが、夏の二歳重賞は昨年同様、JR馬が全場制覇になる事でしょう。

その事を愛読者の皆様全員でご検証頂きたいと思います。

さて本日も北の地・函館からは5Rに組まれている芝1800m混合戦からお伝えしてまいりましょう。

昨日も触れましたが今年ファーストクラップに成るオルフェーヴル産駒ですが、現役当時に前発表した通り「種牡馬として大成出来る体型は持ち合わせておらず苦戦する」と断言しましたが、2017年度の新馬戦がスタートし1ヶ月が過ぎましたが、予告通り今日現在未勝利街道を驀進中です。「まだまだスタートしたばかりだし、これからさ・・・」との声を耳にするが果たして・・・。このレースに出走の4番クリノクーニングは確かにこの時期の2歳馬の標準を越えた馬である事は素直に認めるが、ここが生産と現場の違いが別れる所で、いざ「馬券を買うのか!?」と問われるとクビを横に振るしか出来ない。ここを目標に乗り込まれ数合わせの7頭立てのレースと成り、JR馬としてランクインした以上無様なレースは出来ない所だが、それでも勝つ馬は他のJR馬だと思っている。その可能性が高いのはハービンジャー産駒の牝馬カレンシリエージョだろう。昨年のセレクトセールで牝馬ながら4212万円で落札された馬で、腹袋に寂しさを感じるが円みの有る筋肉は伊達ではない筈だ。問題は二進も三進も走らなかった半姉サトノアスカと同じ鹿毛の馬なのは気に成る所では有る。ならば野武士の匂い漂う1番ヒダルマにも勝つチャンスが有る気がするのだが・・・

福島5R 芝1800m混合新馬戦

先週落馬負傷した田辺騎手が期待していた馬のデビュー戦と成るが、戦友を失った事と勝負事に最も大切な運の悪さも手伝ってタイムトリップの半弟の評価を下げた。

ここは1800mの新馬戦だけに間違いなくJR馬が制する筈だし、しかも15頭の出走馬中JR馬としてランクインした馬は5番グラデュエイトと10番グランデウィークの2頭だけなら馬券は絞れそうだ。前売りの段階では有るがグランデウィークの単勝オッズが10倍以上に配当なら何が2着でも最低でも20倍以上は見込めそうだし、三連単なら万券は間違いないだろう。

福島6R 芝1200m新馬戦

主催者が頭数集めに躍起に成ったレースで何とか10頭と揃ったが、JR馬は2頭・準JR馬は0頭・その他3頭の5頭立てと成った。それでも前売りの段階ではオッズが割れており、美味しい馬券にありつけそうなレースだが、頭は2番パスポートと10番ハーモニーライズの二者択一のレースと言えるだろう。先週も立証したが芝の短距離戦はダート血統のJR馬が大活躍するのも特徴で、ここの2頭のJR馬は共にダートで良積を残している血統でも有る。

中京5R 芝1400m新馬戦

生産者にもいろんなタイプが有るが、女の子が生まれるとガッカリし、男の子が生まれると赤飯を炊くが、ここに出走の3番イッツパーフェクトはフランケルを付けて中村畜産が持ち込みケイアイファームの生産馬である。「なんだ男の子かよ・・・」と普通の生産者なら大喜びする所だが、中村畜産の場合は「一粒で二度美味しい」思いは繁殖牝馬を狙ってのもので男の子の誕生でフランケルの繁殖牝馬の夢は叶えられなかったが、安田隆調教師は「第2のロードカナロアにさせます」は満更進軍ラッパでも無さそうだ。

仕上がりの面では8番ベストヴォヤージュと9番タムロリバティの牝馬2頭が共に三連単の相手までで勝つまでには至らない筈だ。

ご意見ご希望がありましたらご遠慮なくコメント欄にお寄せ下さい。

2017年度新馬JR馬に異常あり!!

お気付きの方も多いと思いますが、毎年新馬戦がスタートして1ヶ月も経つと「今年の二歳馬は〇〇より〇〇の方がレベルが高い!!」と断言するのだが、現実にクラシックが終わる頃にはマスメデアもその事を報道する。

問題は終わる頃にそんな事を書き立てられても屁のツッパリにも成らないし、過ぎたレースの馬券は売ってくれないのは当然である。

先週の段階で今年の当社新馬のJR馬が21頭勝ち挙がり、例年以上の好スタートと成った訳だが、既に後のG1馬と言える馬が勝ち上がっており、2018年春のクラシックもJR馬が制する事は当然だし、それを歴史が証明している。

しかしここで喜んでいられない事が発覚した!!

勝ち挙がったJR21頭を分析してみると牡馬12頭に対し、牝馬9頭と言う数字である。

一見、差が無い様に見えるが、これには数字のマジックがある。

混合戦には牡馬も牝馬も出走出来るが、牝馬限定戦には牡馬は出走出来ない訳で、嫌でも牡馬は大きなハンデを課せられている訳だし、この時期は牝馬の方が早熟で12対9と言うここまでのデーターは近年無かった事である。

確かに再三お伝えの通り今年は各陣営の看板馬が早い時期から乗り込んでおり、いつもの年より「ローテーション重視」の傾向が強い事に今後皆様も気が付く事でしょう。

早くも今月23日(日)に今年の二歳重賞第1弾函館二歳S(G3)が行なわれるが、今年も間違いなくデビュー戦でJR馬としてランクインした馬が制すると断言しておこう!!

さて土曜日は函館で新馬戦が芝とダート併せて2鞍・福島で1鞍・中京では芝とダートが1鞍づつ計2鞍5鞍が組まれています。

数合わせ的と成った函館5Rは登録頭数こそ8頭だが、実質馬券対象馬は4頭で、しかも勝つ馬は1頭で馬単3点で馬券に成りそうだ。

このレースでJR馬としてランクインした馬は3番トランプ・5番アルレーサー・6番ウインジェルベーラの3頭だが、この時期に稽古パートナーに古馬を指名する事(先週も1頭居たが快勝)は仕上がりの良さ云々より「同じ世代馬と一緒のメニューじゃ馬が育たない」と言えるし「相手馬が可哀相・・・」が本音だろう。

アルレーサーのこの中間の稽古パートナーは古馬のOP馬を全く問題にしておらず、その反動さえなければ函館⇔東京間10往復しても楽勝出来るだろう!!

函館6R D1000m新馬戦

登録頭数は7頭だったが直前でサウスタラベラーが取り消し6頭立てと成った、元々レース不成立の可能性も有ったレースでメンバー的にも正に「メダカの背比べ」となった。

JR馬としてランクインした馬は6番ガウラミディ只1頭だが準JR3頭+1の5頭立てで6頭全て牝馬と言うから手が出せない。

福島5R芝1200m新馬戦

頭数が揃い馬券的にも面白いレースに成ったのがこのレースだろう。

福島芝1200m戦でJR馬としてランクインした馬が1頭と言うのは非常に珍しいケースで個人的にも興味深いレースとなった。

しかも個人的には種牡馬として同じDNAを持つオルフェーヴルより上と判断しているドリームジャーニーだけにそれを証明する上でもジョブックコメンには勝って欲しいし出世して欲しいと願っている。

中京5R芝1600m新馬戦

先週の段階でも解説したが、ここには各陣営の看板馬の登録が有ったが、老いた年寄りの歯が抜け落ちる様に1つ1つ脱落していった。

闘わずして逃げた馬達がどんなに出世してもこのレースの勝ち馬とは「既に勝負付けは済んだ」と言っても過言ではなく、半永久的に馬券の組み立てが楽に成ったと言える。

流石、食らい付いて来た8頭の優駿にはどの馬にも個人的には魅力を感じているが、ここに至る調整過程・他陣営の評価を総合すると馬券は見えてくるのと同時に、今後の評価も決まると言うモノだ!!

心情・人情かなぐり捨てて、的中馬券に結び付けたい一戦と成った。

尚、JR馬の公開はJRホース倶楽部のアメブロで公開いたしますのでご了承下さい。

 

▼JRホース倶楽部のブログリンク(アメブロ)▼

http://ameblo.jp/jrh-club/

▲エルムステークスの内輪話もUPしています合わせてお読みください▲

 

中京6RD1400m新馬戦

ファーストクラップと成るエスポワールシテー産駒が道営競馬を始め各地で大活躍をしている。

競馬コーヒータイムの愛読者の皆様はご存知の通り、この馬に関してはJR馬としてランクインした時に注釈付きで「ダートなら2クラス上でも通用する」とした訳だが、この馬の初勝利は未勝利戦が無くなるギリギリの時期まで芝のレースに拘った経緯があり、あわや廃馬に成るところだった。

それが賞金王に輝き、種牡馬としてそのDNAを残す馬に成った訳で、個人的にも誇りを持っている。

その産駒を応援したいのはマウンテンマウンテン(山々)だが、我師匠・福永二三雄から「競馬に惚れても馬には惚れるな」と教えられた。

馬に惚れるのと女に惚れるのは似ていて、見えるものも見えなくなるからだと教えられた。

ここは人気薄のJR馬8番ラフィングマッチ(昔、六本木のマッチと呼ばれた時もあったなぁ)に1票投じてみたい。

尚、まぐまぐ競馬にて2017年二歳新馬JR馬を無料にて閲覧出来る様に成りましたのでご希望の皆様は是非お立ち寄り下さい。

▼まぐまぐ新着メルマガ(競馬カフェオレタイム)▼

http://www.mag2.com/new/ent/0001.html

 

▼JRホース倶楽部のブログリンク(アメブロ)▼

http://ameblo.jp/jrh-club/

 

末恐ろしい2017年度二歳新馬戦JR馬

2017年度の新馬戦がスタートして1ヶ月が過ぎたが「今年の新馬戦は日本ダービーより楽しみだ」が現実と成った。

新種牡馬ロードカナロアを筆頭に、エイシンフラッシュ・ノヴェリストが勝ち上がり、2017年度新馬戦に置いてJR馬としてランクインした馬が想定通り、過去類を見ない勢いで21頭目の勝ち馬を出した。

この勢いだと故・吉田善哉氏が最も恐れていた「血の飽和」と同じく、二歳の特別戦の出走馬全てがデビュー戦でJR馬としてランクインした馬同士の争いと成りそうだが、正にJR馬の基準を上げれば上げるほどJR馬が勝つ事になる訳で「イタチゴッコ」とはこの事だろう。

もう一つの要因は、再三お伝えして来たが、各厩舎の看板馬のデビューが年々早まっている事で、星の潰し合いを秋まで持ち越さず「夏の終わりまでに済ませてしまえ!!」がハッキリ見え隠れする。

各陣営の二歳の看板馬が七夕を前にこれだけ出走する事は今まで無かったし、基準を上げても・上げてもJR馬としてランクインする馬が出てくる事に些か辟易する。

恐らくJR馬ファンからも「今年は異常ですよねぇ?」のメールを頂きますが、今年は出走馬が集中しているだけで、述べに直せば昨年と替わらない結果になる訳で、必ずそのしわ寄せが出るものです。

当然の事で年間サラブレット生産頭数は近年7,000頭未満で、10,000頭を超えた時代に比べれば東京湾に迷い込んだカジキマグロを見つけるより簡単と言えます。

今週末も函館で2鞍・福島で3鞍・中京で3鞍の新馬戦が組まれていますが、先週以上と成ると「パーフェクト!!」しかない訳ですが、勿論そのパーフェクトを狙ってお届けしたいと思っております。

尚、まぐまぐ競馬にて2017年二歳新馬JR馬を無料にて閲覧出来る様に成りました。

ご希望の皆様は是非お立ち寄り下さい。

まぐまぐ新着メルマガ→http://www.mag2.com/new/ent/0001.html

 

JRホース倶楽部のブログリンク(アメブロjrh)→http://ameblo.jp/jrh-club/